• HOME
  • 経営
  • 経営課題を解決する必要性は?よくある6つの経営課題と取り組み例
経営課題を解決する必要性は?よくある6つの経営課題と取り組み例

経営

経営課題を解決する必要性は?よくある6つの経営課題と取り組み例

時代の流れや変化の中で、企業はさまざまな経営課題を抱えています。企業経営を続けていくためにも、企業経営者や役員は自社の経営課題を把握し、確実に解決することが大切です。中小企業が抱える経営課題は共通しているため、それぞれの詳細を把握して課題解決に取り組みましょう。

当記事では、経営課題が生じる理由や解決の必要性、経営課題の見つけ方や代表的な経営課題などを紹介します。経営課題の解決に向けた取り組み例やコツも解説するため、ぜひ参考にしてください。

1.経営課題とは?生じる理由と解決する必要性

経営課題とは、企業経営を続ける中で障壁になる問題のことです。経営課題が発生する要因は、主に下記の3つに分けられます。

  • 不確実性の増加
  • 働き方改革による環境変化
  • 消費者価値の変化

現代は不確実性が高い時代です。数年後、社会や企業にどのような変化が起きているのか予測することが難しく、将来の見通しが立ちにくくなっています。不確実性の増加は、経営課題が発生する大きな要因と言えるでしょう。

また、働き方改革による環境の変化や消費者価値の変化に伴い、企業は社員や消費者の多様化したニーズに合わせた取り組みを迫られています。

企業に経営課題が生じると、社員の離職が増加したり、取引先が離れたりといった問題が発生します。健全な企業経営を続ける上で、経営課題の解決は欠かせない取り組みです。

1-1.経営課題の見つけ方

経営課題を見つける方法には「見える化」があります。企業の現状を可視化することで、経営課題を見つけやすくなります。経営課題を見つけたい場合は、「経営資金」「社員成績」「組織状況」「業務フロー」の4つを見える化しましょう。

経営資金
何にどれだけのコストがかかり、どの程度の売上が発生しているのか把握することは、企業経営にとって非常に重要です。売上や利益率、純利益、経費(人件費・交通費・外注費など)、KPI(重要業績評価指標)などを数値化することで、経営資金を把握できます。
社員成績
社員成績を見える化することで、社員や部署ごとにおける業務効率の良し悪しが判断できます。人員配置や組織図を考える上でも、社員成績の見える化は有効です。
組織状況
組織状況を見える化することで、部署の人数や社員のポジションを把握でき、人員配置に無駄が生じていないかなどの判断ができます。規模が小さい企業ほど、組織状況の把握を疎かにしているケースが多いため、しっかりと見える化に取り組みましょう。
業務フロー
業務フローを見える化すると、業務がルーチン化して定着しやすくなり、業務を効率化できます。業務フローの有無が社員教育の質を左右するため、人材教育でも業務フローの見える化が重要です。

2.中小企業によくある経営課題6選

「経営課題は企業ごとで異なる」と思われがちですが、中小企業が抱えている課題は基本的に共通しています。中小企業によくある経営課題は下記の6つです。

  • 人材確保・育成
  • 生産性向上
  • 後継者不足
  • 技術力・営業力強化
  • コスト改善
  • ブランド力向上

ここでは、上記の経営課題について1つずつ解説します。

2-1.人材確保・育成

人材は「人財」と呼ばれるほど、企業にとって大切な存在です。しかし、少子化が進んだ現代では、人材不足が深刻な状態になっています。労働力不足を解消するためには、子育て世代の女性やシニア世代、外国人労働者の雇用なども検討する必要があるでしょう。

また、人材を確保するだけでなく育成することも、企業の経営や成長にとって重要です。人材を育成する上で大切な点は、人材育成を通して社員が将来のキャリアプランを描けることです。キャリアプランを軽視すると社員が目標を持つことができず、離職につながる可能性があります。

社員の離職を避けるためには、明確な目標設定や充実した研修制度など、実りのある人材育成を行うことが必要です。

2-2.生産性向上

企業にとって、社員や時間、お金といった経営リソースは有限です。限りある経営リソースを最大限に活用することが、生産性の向上と企業の売上アップにつながります。

生産性を向上させるためには、人材の能力や適性を把握して、適切な人員配置を行うことが大切です。適材適所な人員配置が達成できれば、経営リソースに余裕が生まれ、空いた時間を新たなサービスの開発に充てることもできます。

2-3.後継者不足

人手不足の解消にばかり意識を向けていると、後継者の育成が後回しになりがちです。時代の流れによって子が親の事業を継ぐケースが減少している現在、事業承継ができずに廃業となる企業も多くなっています。

企業を長く残したい場合、他の親族を後継者に据えるかM&Aを利用するなどして、後継者不在の状況を解決する必要があります。

2-4.技術力・営業力強化

さまざまな分野で技術が進歩している現代、技術面で他社に後れを取らず、新しいサービスを提供できるかどうかが売上アップの鍵となります。また、どれだけ素晴らしいサービスを開発しても、顧客に購入してもらえなければ売上につながりません。

顧客にサービスの内容を知ってもらい、自社の利益を増やすためには、営業力の強化も必要と言えるでしょう。

2-5.コスト改善

利益を出すためには、売上だけでなくコスト改善にも目を向ける必要があります。コストを削減できれば生産性が向上し、業績アップにつなげることも可能です。

最近では、テレワークの導入によってコスト削減に取り組んでいる企業があります。交通費の削減など、削減できる部分を確実に削減すれば、後に大きな効果となって表れるでしょう。コスト削減を実現させたい場合、テレワークのような新しい取り組みも検討することが必要です。

2-6.ブランド力向上

ブランド力とは、企業の名前やロゴが持つ価値のことです。ブランド力が高い企業の名前やロゴが入った商品は、消費者に安心感や信頼感を与えることができます。ブランド力を向上できれば売上アップが見込めるでしょう。

しかし、ブランド力の向上は短期間で実現できるものではありません。さまざまな取り組みを通して、長期的な視野でブランド力を高める必要があります。

3.経営課題への取り組み例

自社の経営課題が明確になった際は、経営課題ごとの解決策に取り組みましょう。

例えば、労働環境の改善に取り組めば、求職者は「この企業で働きたい」と思う可能性が高まり、人材確保の問題が解決できるでしょう。人材育成の問題については、人事評価制度を見直すことが大切です。評価プロセスを明確化する中で、自社が抱える経営課題を社員に認識させれば、社員の成長を促すことができます。

また、経営計画を立てることも大切です。将来のビジョン実現に向けて具体的な計画を立てることで、企業全体が目標に向かって成長できます。それぞれの経営課題に適した取り組みを実施すれば、企業の業績も上向いていくでしょう。

3-1.課題解決の際は優先順位を決めることが重要

経営課題などの問題は山積みになりやすく、「どこから手を付ければいいのか分からない」という状態になるケースは多くあります。すべての経営課題にまとめて取り組むのではなく、優先順位を決めて課題解決に取り組みましょう。

優先順位を決める際は、経営課題を下記の項目に分類することがおすすめです。

  • 緊急度と重要度が高い
  • 緊急度が高いが重要度は低い
  • 緊急度は低いが重要度が高い
  • 緊急度も重要度も低い

まずは緊急度と重要度が高い課題から取り組み、その後は他の課題を1つずつ解決しましょう。

まとめ

不確実性が高い現代は、さまざまな経営課題が発生しやすい状態です。企業経営を続けていくためにも、企業は課題を確実に解決する必要があります。経営課題を見つける際は見える化を活用し、どういった課題があるのか把握しましょう。

中小企業によくある経営課題はおおむね共通しており、大きく分けると6つあります。どの経営課題が発覚した場合でも、優先順位を明確にした上で、課題の内容に合わせた取り組みを実施することが大切です。

関連記事Related Articles

組織改革とは?取り組むメリット・よくある課題・進め方を紹介

組織改革とは?取り組むメリット・よくある課題・進め方を紹介

企業が何らかの危機に直面した際には、組織改革が必要となるケースもあります。歴史のある企業であっても、古いルールをいつまでも適用したままでは、...

経営
事業承継とは?種類・進め方・4つの相談先・事例などを一挙紹介

事業承継とは?種類・進め方・4つの相談先・事例などを一挙紹介

経営者が自社を長期的に成長させるために実施する制度の1つに、「事業承継」があります。事業承継は、進め方がある程度決まっており、実際に行う場合...

経営
企業理念とは?定める目的・メリットから浸透させる4つの方法まで

企業理念とは?定める目的・メリットから浸透させる4つの方法まで

社会で長く愛される会社に成長するためには、企業の在り方や方向性を「企業理念」として明確にしておく必要があります。しかし、企業理念といっても、...

経営
ミッションビジョンバリューはどう作る?作り方と注意点などを解説!

ミッションビジョンバリューはどう作る?作り方と注意点などを解説!

ミッションビジョンバリューは、企業としての目標や方向性、大切にしたい価値観を表す重要な指針です。多くの企業では社外周知のためホームページに掲...

経営
定着率が低い会社は危険?よくある特徴と対処法など徹底解説

定着率が低い会社は危険?よくある特徴と対処法など徹底解説

定着率は、職場の働きやすさや企業の健康状態を知る上で、重要な指標です。定着率が高いと、さまざまなメリットがあることから、企業では定着率を高め...

経営
リテンションマネジメントとは?4つの施策と2つの事例を解説!

リテンションマネジメントとは?4つの施策と2つの事例を解説!

企業を経営する上で、安定的な成長には、従業員が最大限能力を発揮してくれることが重要です。従業員の能力やスキルは、企業への定着によって向上する...

経営
理念浸透とは?企業理念を浸透させるメリットと方法を解説

理念浸透とは?企業理念を浸透させるメリットと方法を解説

近年、企業の成長や他社との差別化を図るために、さまざまな業界で「理念浸透」が重視されています。理念浸透は大企業だけでなく、事業拡大を目指すベ...

経営
強い組織はどう作る?押さえておきたい5つの原則と4つの条件

強い組織はどう作る?押さえておきたい5つの原則と4つの条件

企業の成長・存続には、組織力の強さが不可欠です。個々の能力の高さも大切ですが、組織として機能したときに力が発揮できないような環境では、強い組...

経営